自分に合う方法を調べる|最近エイズ検査を考えている方に向けた役立つ情報

最近エイズ検査を考えている方に向けた役立つ情報

先生

自分に合う方法を調べる

研究

性病検査をする際に病院や保健所といった場所があげられますが、金額や検査方法の違いが何かを知っている人は少ないといえます。今回は病院と保健所、検査キットについての違いを知っておきましょう。
まずは病院で性病検査をする場合ですが、この方法は一番費用がかかるといえます。初診の場合は初診料がかかりますし、診察料、薬代とお金がかかります。主に採血や尿検査と簡単な検査を行いますので、高額なイメージはしにくいと思いますが病院での検査では保険適用がないので費用は全額自己負担となってしまいます。風邪などの普通の病気だと3割程度の負担ですが簡単な計算で性病検査の費用が約三倍はかかります。保険の財源は国民の共有の財産となるため、自己責任である性病の検査は負担できないということです。ただし症状が出ている場合は保険が適用されますので、そこを勘違いしないように注意してください。また待ち時間や金額が病院ごとにかわってくることも覚えておきましょう。次に保健所で検査する場合ですが、HIV検査のついでのような形で検査が行えます。料金に関しては無料ですがHIV検査がメインとなるので他の性病検査は制限が多いです。例えば検査が月に1回か2回しか実施していなかったり、人数制限や平日にしか受けることができなかったりする場合が多いですし、結果を知るには保健所に直接出向く必要があります。社会人になると平日に行動できる時間も限られてきますので、少し足を運びにくいといえます。最後に性病検査キットを使う場合ですが、検査の各項目ごとに約2000円します。その5項目の検査キットで10000円程と病院に行くよりも安く手軽に検査できます。
ここまでで性病検査には様々な方法があることが分かったかと思います。保健所に行くにしても病院に行くにしても、知人に見られたくなかったり恥ずかしいと感じる方は検査キットを使うのが良いと言えるでしょう。ですが、陽性反応が出た場合は病院で治療する必要があることを覚えておきましょう。上記でも説明しましたが、病気の治療であれば保険が効きますから安心です。