一番多い性感染症|最近エイズ検査を考えている方に向けた役立つ情報

最近エイズ検査を考えている方に向けた役立つ情報

先生

一番多い性感染症

カウンセリング

国内や東京で一番多い性病がクラミジア感染症です。感染者が多い理由は感染しても症状を感じにくかったりする為だといわれています。クラミジア感染症については性病検査で早期発見も可能です。クラミジアについて勉強しましょう。
クラミジアは微生物の仲間で細菌とウイルスの中間に位置します。生きた細胞の中で増え、セックスやアナルセックス、オーラルセックスなど様々な性行為によって感染します。女性と男性の症状の違いですが、女性の場合は白っぽいオリモノが出て、性行為に痛みを感じる場合や、重い生理通や生理以外での出血なども見られます。男性の症状では排尿時に痛みを感じたたり、尿道の痒みや違和感、透明・乳白色の膿、睾丸の腫れや痛みなどがあります。女性は症状を感じにくい事が多く、子宮内膜炎や卵管炎、腹膜炎を起こす原因になり、不妊娠などを引き起こす可能性があります。場合によっては完治に時間がかかることもありますので注意しましょう。東京ではクラミジア感染日から数日で性病検査が可能で、発症までに一週間から三週間程かかります。自覚症状がある場合は速やかに病院に行ってください。クラミジアはパートーナーも感染していることが多いので、二人で一緒に診察しましょう。東京では治療方法は一週間くらい薬を服用するものが多いですが、点滴を必要とすることもあります。この病気の予防としてはコンドームの使用が有効ですが、オーラルセックスでも感染するので気をつけてください。
自覚症状の出にくいクラミジアは性病検査を行うことで早期発見し、治療することができます。最近は検査キットで性病検査をする方も増えてきていますから、東京に住んでいる方も使用してみてはいかがでしょうか。